一般社団法人 島根県建築士会

トップページ >

CPD制度(継続能力開発制度)

CPD(Continuing Professional Development)制度とは、継続的に能力開発を行っている建築士、建築施工管理技士、建築技術者を社会・消費者へ明示する制度です。講習会や研修会に参加するごとに、受講した履歴をCPD単位として積み重ね、必要な時に建築士会が証明書を発行します。つまり、その証明書は継続的に勉強していることの証(あかし)なのです。

CPD制度の利用の流れ(CPDカードを活用した記録システム)

  1. 参加登録手続きをする。(申込書を島根県建築士会へ提出する。)
  2. CPDカードが届く。(同封の郵便振替用紙により費用を払い込む。)
  3. 認定研修に参加する。(ホームページ、会報等で確認。)
  4. 研修会場に設置されたカードリーダーにCPDカードを通し、出席を登録する。 カードリーダーがない会場では、CPD登録番号と氏名を専用用紙に記入する。
  5. 参加者は「建築士会CPD情報システム」(CPD専用サーバー)の『参加者用画面』で、自分の履修歴を閲覧できる。
  6. 入札参加資格審査及び工事入札(総合評価方式)など、必要な時に「CPD実績証明書」発行願いを島根県建築士会に提出すれば、証明書が発行される。

CPD制度に係る費用等

項目 建築士会 正会員・準会員 非会員
1. 初期登録費
0円
2,000円
2. CPDカード発行費
1,000円/1発行(送料含む)
2,000円/1発行(送料含む)
3. データ登録・管理費
1,000円/年
12,000円/年
4. 証明書発行費
500円/1通
1,000円/1通
5. 会誌提供サービス ×
6. 受講料割引サービス ×
合計 初回(1+2+3)
2,000円/年
16,000円/年
2年目以降(3のみ)
1,000円/年
12,000円/年

CPD制度参加申込書

CPD制度参加者用URL

問い合わせ先

一般社団法人 島根県建築士会

郵便番号690-0883 松江市北田町35-3 建築会館3階
http://aba-shimane.or.jp/
電子メール
TEL 0852-24-2620 FAX 0852-24-3780

このページの先頭へ戻る


一般社団法人 島根県建築士会
郵便番号690-0883 島根県松江市北田町35-3 建築会館3階
TEL 0852-24-2620  FAX 0852-24-3780 電子メール

© Shimane Association of Architects & Building Engineers (一般社団法人 島根県建築士会).
当ホームページに掲載されている文章・画像・写真等の無断転載を禁じます。